バッチで観光アシストボランティア(仮)をやってみるぞ!

15年間インドネシアのバリ島に住み、現在は札幌とバリ島を行き来する生活をしている中、外国人が溢れる札幌の街の状況と、自分の海外での経験を活かした何かが出来ないかと考えてみました。

「缶バッチで観光アシストボランティア(仮)」

なんでやろうと思ったのか。どれくらい興味がある人がいるんだろうか。広まったらいいなー。などなどをメモとして書いていきたいと思います。

0.自己紹介

私はインドネシアバリ島に2003年から住んでおり、2005年にバリ島で会社を立ち上げました。

初期はITオフショア開発。中期はインドネシアマーケットに向けたスタートアップ。現在は「建築パース」という3Dの建築予想図や動画、ゲーム用の素材など、バリ島を開発拠点として制作をしています。

現在は日本法人 株式会社MCOの責任者であり、「パスカク | 建築パース革命」という名前で日本を拠点に営業し、バリ島にて制作をしています。

そして、2017年からは札幌とインドネシアバリ島との行き来をする生活をしています。

自己紹介

「パスカク | 建築パース革命」をちょこっと宣伝

高クオリティの「建築パース」を日本一安い価格で作りませんか?

他社から睨まれる価格設定で、建築パース業界に革命を起こしています。

インドネシアバリ島で制作をしている日系会社なので格安・安心・安全にお取引することが可能で、すでに沢山のクライント様から満足の声をいただいています。

バリ島の木彫りなどで有名な片田舎に開発拠点があり、村おこしできる新しい産業として地元の商工会や村から応援をして頂いております。建築パース屋としては後発で、まだ案件数が安定していないのが現状です。

もっと制作できる機会を作り、もっと雇用という形で地域に貢献していきたいと思っております。

是非一度、使ってみてください。満足して頂ける自信があります。

パスカク

1.背景

1-1.自分の環境と思い

– 札幌で何か出来たらいいな。

– メインビジネスの建築パース作成に支障がない程度の時間で出来ること。

– 自分にできること => インドネシア語。

– バリ島でやってきたこと => 少しだけの観光業の知識。

1-2.札幌の街を自分が歩いて感じること

– 札幌は外国人が多い。歩いていると、英語、韓国語、中国語、タイ語、マレーシア語、インドネシア語が聞こえてくる。

– まだまだ外国語表記の看板が少ない。クレジット決済できるお店が少ない。

– 困っているインドネシア人がいれば助けてあげたいが、必要ないと言われてしまうのではないかと声をかけれない。

1-3.世界一の観光の島、バリ島で感じること

– 基本的に笑顔。

– 様々な言語が溢れている。

– 言葉は通じなくても、色々な方法でコミュニケーションをとろうとする傾向が強い。

– なにか聞いても基本的に色々答えてくれる。 (間違っているときもあるが 笑)

– 誰に対しても優しい。誰に対しても助けあいの精神がある。

– 自分のルーツを大切にする。

2.目的

インドネシア人観光者の方の力に、少しだけなりたい

インドネシアで沢山のローカルに助けてもらって今の自分がある。その恩返しをしたい。

日本人にもインドネシアが好きな人がいるということわかって欲しい

インドネシアに住んだことがあって、インドネシア人にフレンドリーな日本人がいるという事を広めたい。そして日本をエンジョイして欲しい。

缶バッチで観光アシストボランティア(仮) が広がったりしたら嬉しい

目的ではないが、モチベーションの1つとして。

3.実際作ったものは缶バッチ

3-1.缶バッチ制作

缶バッチ
缶バッチ

缶バッチφ75mm で大きく見やすく。インドネシア国旗のカラーを利用してわかりやすく。言語はフレンドリーにして話しかけやすく。 何年住んでいたかで大体どれくらいの言語が喋れるかわかる。共通の話題が出やすい。

04月08日に追記 : 色々考えてデザイン変更しました。

缶バッチ New

左側はインドネシア語で何でも聞いてねバージョン。右側は英語でなんでも聞いてねバージョンです!

3-2.取り付け例

缶バッチ取り付け例

リュックサックの前後ろに付けてみた。

札幌の生活拠点(中の島駅)から仕事をしている札幌ど真ん中のコワーキングスペース(札幌コワーキングカフェSALOON)をメインにまずは歩き回ってみる。

ところで・・・。

このボランティアは外国人全体だとどれくらいの需要があるか?他にこのボランティアに賛同してくれる可能性がある人はいるのか?分かる範囲で色々調べてみた。

4.札幌での観光者の情報

4-1.札幌での外国人宿泊者 総数

札幌での観光者の情報

札幌での外国人宿泊者 総数
※参照 : 札幌市公式ホームページ – City of Sapporo | http://www.city.sapporo.jp

札幌での外国人宿泊者数なので、実際にはもっと多くの旅行者が札幌を経由して道内を旅しているとおもう。

4-2.札幌での外国人宿泊者数 国別内訳

札幌での観光者の情報

札幌での外国人宿泊者数 国別内訳
※参照 : 札幌市公式ホームページ – City of Sapporo | http://www.city.sapporo.jp

4-3.札幌で外国人旅行者が利用している外国語の種類

韓国語 / 北京語 / 広東語 / 英語 / タイ語 / マレー語 / インドネシア語 / タガログ語 / アラビア語 など

5.こんなバリエーションもニーズあるのかも

バリエーション

6.このボランティア賛同してくれる可能性がある人はどれくらいいるのか

バリエーション

※参照 : 海外在留邦人数調査統計 統計表一覧 | 外務省 | https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page22_000043.html
※参照 : 香港政府の統計局 | http://www.bycensus2016.gov.hk/data/16bc-ethnic-minorities.pdf

7.このボランティアについて聞いてみた

7-1.日本へ行く予定がある観光者からの意見

私の友人関係が多いため、インドネシア人が多めです。笑

Rimas (Indonesia) | 旅行経験 日本0回 シンガポール1回 タイ1回

いつか日本に行ってみたいです。英語は出来ますが、少し不安というレベルです。日本は英語もあまり通じないと聞いているのですが、インドネシア語で気軽に聞ける、こんなボランティアをやってる人が居ると凄く助かります!是非広まって欲しいです。インドネシア人は日本がとても好きです。

Erick (Indonesia) | 旅行経験 日本1回(半年留学経験あり) その他あり

日本語を読むのはとても難しいです。まだ日本は英語表記がない電車などがあります。わからないことが多いので聞ける人が居ると助かりますね。しかもインドネシアに住んでいたとなれば会話もできますし、僕たちが何に困っているかもすぐに分かってもらえそうでいいですね。

On (Thai) | 旅行経験 日本3回 その他沢山

日本はなかなか英語が通じないんです。そして少し都会から離れると看板も英語表記がなくて結構困った経験があります。スマートフォンや知人に聞いたりでなんとか出来ますが、やっぱりその場で聞けたらいいのにと思うことも多いです。わざわざInformationにいかなくても近くにこのバッチを付けてくれる人が居れば、すぐに話しかけちゃうと思います。この運動が広まってくれる事をとても期待しています。

7-2.このようなバッチがあったら付ける?

こちらも私の友人関係が多いため、インドネシア滞在経験がある人多めです。笑

計画性も何もなく、話しかけさせていただきました。その時の意見をメモにしています。

海老原 純 | 滞在経験 インドネシア7年 / マレーシア1年 / タイ1年

望月さんからこんなものを作ろうと思ってると聞いたときに、すぐに「私のも作ってください!」と言って作ってもらいました。
アジアを拠点に仕事をしていますが、やはり住んだことのある土地の人が日本に旅行に行くというのは嬉しいので、その人達がスムーズに旅行が出来たら最高ですよね。その為のボランティア、やらせてもらいます。

インドネシア大学生 | 滞在経験 インドネシア3年

海老原さんが望月さんとこの話をしている時に、たまたま一緒に聞いていてすぐに私のも欲しいとお願いしちゃいました。笑
私はインドネシアの大学に通っているのですが、インドネシアの友人も日本に旅行に行く人が近年凄く増えたと思っています。直接SNS等でつながっている知人からの質問等は返せるのですが、道案内とかその場でわからないことがある人も多いと思って、日本に帰国する際にはこの缶バッチをつけて歩いてみようと思います。

佐藤 孝弘 | 滞在経験 インドネシア11年 / 台湾 半年

すぐに「これはいいよ!すごくいいことだと思う!」と思いました。色々な国の缶バッチ作って簡単に買えるようにすればいいのに、クラウドファンディングなどで同士を募ってみては、と今でも思っています。

ボクも札幌に帰省することがあるんですが、たまにインドネシア語が聞こえてきます。でも、その人達に「私、インドネシア語話せるんで、何か助けになる事はないすか?」とはなかなか言いづらいので、こんなバッチがあれば困った時に話しかけてくれるのかもと期待しています。札幌とインドネシアの2つのキーワードで出会いのきっかけになれば面白いですよね。是非協力したいですが、バッチ作ってくれるんですか?笑

Sachi | 滞在経験 インドネシア10年

現在は[ 信八 祇園、清水寺近くでお手頃懐石料理 ]の女将 / Instagram : shinpachi.gion

急にこのバッチのデザインと意見を聞きたいと言われたんだけど、内容読んだら即答。「欲しい!インドネシア人多いの!」と言っちゃいました。

2年前から諸事情により実家の京都に帰ってきているのですが、本当に京都はインドネシア人が多く訪れます。まだまだ旅慣れていない外国人を見るとインドネシア人なんじゃないかなーっと少し気になってしまいますが、なかなかこちらから話しかける事って勇気が事ことで、話しかけられたら何でも案内してやるって心の中では思ってます。

さっそく作ってとお願いしたので、届くのが楽しみ! つけて京都を歩いてみます。

8.結局どうしたいの?

8-1.このバッチ売ってるの?

今は売ってません!自分で勝手に作ったものです。笑

( 04月05日に追記 ¥300 で販売予定 : このページの最後の方を参照 )

8-2.自分で作るといくらなの?

私がオーダーしたところだと1個¥100くらいでした。おそらく沢山オーダーすればもっと価格は下がると思います。ミニマムオーダーがあるところが多いので注意です。

Googleで缶バッチ制作といれるとたくさん出てきます。お好きなところでオーダーすればいいかなと思ってます。インドネシアバージョンのデータが欲しい場合は渡しますんで、FacebookメッセンジャーやInstagramでご連絡くださいませ。

Facebook ID : Nobu.Nol / Instagram ID : nobu.mochizuki

自分で制作できる缶バッチ機械も売っています。グループで取り組む際などにはこちらの機械を買ったほうが安上がりかもしれません。

8-3.なぜ大量に作って販売しなかったの?

実は原価計算などもしました。販売方法なども検討したんですが、結局やめました。

理由はこんな感じです。

1.誰でも作れるもの。真似されたー!とか思いたくない。

2.ボランティアベースなのでこの記事がきっかけで広まってくれればいい。

3.色々なパターン作って用意しておくなどの在庫リスクを抱えるなんて無理。

8-4.バッチ作ってよ!と言われたら?

そうですね。考えます。

( 04月05日に追記 ¥300 で販売予定 : このページの最後の方を参照 )

8-5.今後は?

まずはバッチを作ったんで、バッチを付けて札幌の街を歩いてみます。

もしインドネシア人と出会えたらInstagramの方にアップしていこうかなと思ってるんで、見てみてくださいね。

Instagram ID : nobu.mochizuki

日本に来てくれているインドネシア人を含む全ての外国人観光者の方々が、日本での滞在を楽しんでもらえますように!

そして更に日本を好きになってくれたら嬉しい!

広まらないかなーと妄想する「バッチで観光アシストボランティア」の提案とメモでした。

知名度が上がったら、もっとシンプルに缶バッチデザインも 国旗に ボランティア(Volunteer) の”V” マークのみとかシンプルなものにしたいな。

札幌のVRARの飲み会があったのですが、こういうのって複合現実で出来たらいいよねー。そんなガジェットってないのかな?とかまで夢広がるという余談有り。笑

追記

2019年04月05日

沢山の方から「私のも作って!」と反響いただきました。ベースのインドネシア語版があるので、在住年数とInstagram IDを空白にしたものを作ることにしました。

ある程度数が集まったら発注したいので、希望される方は個人的に連絡ください。

Facebook ID : Nobu.Nol / Instagram ID : nobu.mochizuki

材料費、手間賃があるので1個で ¥300 で販売予定です。

送料は別。定形外郵便物利用で1個だと¥120、3個だと¥140です。4個以上は聞いてみてください。

缶バッチ量産型

2019年04月08日

やはり空白でマジックで書くという手間がめんどう、インドネシア人でこれから日本へ旅行に行く人にも少し広めたいと思ったことでデザイン変更をしました。

#RelawanTurisJapan を入れることで、インドネシア語でのアーカイブできるかなとハッシュタグつくりました。
I Love Indonesia を入れることで、よりインドネシア人が気がつくようにしてみました。

インドネシアが好きだけど、インドネシア語はあまりしゃべれないという人用に英語バージョンを作ることにしました。ヌーたん、相談に乗ってくれてありがとう!

缶バッチ New

左側はインドネシア語で何でも聞いてねバージョン。右側は英語でなんでも聞いてねバージョンです。

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.